MENU

歯の黄ばみに自分で気づいた頃にはけっこう重症?

どうやって治す?歯の黄ばみがコンプレックスで歯を見せたくない

 

毎日何気なく見てる鏡ですが、ふと気付いた時に歯が黄ばみきっている、という事はよく聞きます。自分で歯が黄ばんできたと気付く時ってけっこう重症ですよね。このページでは歯が黄ばむ原因や対策、治し方について紹介します。

 

どんな事が原因で歯が黄ばむの?

 

歯が黄ばむ原因として考えられるものとして
・歯の黄ばみ
・加齢
・タバコのヤニ
・虫歯の治療に使われる金属が溶け出す
・うがい薬
・食べ物(着色性食品)による着色
・生まれつき黄ばんでいる
・抗生剤などの薬剤

 

この中でも普段から歯に接触する食べ物が大きく関係しています。(着色性食品一覧はこちら)先天性として、生まれた時から歯が黄色い人は別ですが、だいたい歯が黄色い人は加齢や食べ物、またタバコがあげれます。

 

歯を白くする色んな方法

 

歯を白くする方法は、歯医者やクリニックでホワイトニングで治療する事が出来ます。また、普段の歯磨きで変えようと思っても、実際に歯磨き粉を変えただけではあまり効果がない気がします。市販の歯磨き粉では研磨剤を使用して歯を削り着色汚れを落とすという方法がほとんどです。

 

また、研磨剤で削った部分は、汚れが入りやすくなりよけいに汚くなってしまう場合も…。歯医者やクリニックでホワイトニングをして歯を白くする方法もありますが、一回数万円や歯に模様がつく、知覚過敏になってしまったなどという症状も報告されています。歯医者やクリニックで使う漂白剤はすぐに歯を白くという点ではいいと思いますが、毎日の生活でまた色が戻ってしまう事も、そのせいでまた病院やクリニックに通う事になるとお金がいくらあっても足りません。

 

そこで、最近は自宅で使えると話題のホワイトニング剤が人気です。ジェル状の歯磨き粉のようなものを使い、歯ブラシで歯を磨きます。それだけで、けっこうな歯の黄ばみを落とす事が出来ます。ホワイトニング剤を使って歯を白く出来るか試してみた所、本当に歯が白くなりました。

 

実際に使った事のある人に聞いてみた所、最初は半信半疑だったけど実際に使っていく毎に黄ばみが取れていくのが実感できたと言っていました。(ホワイトニング剤を使った体験談はこちらから確認出来ます。)ホワイトニング剤を使うと歯の表面がツルツルしたような感じになり、汚れがつきやすくなるようです。驚きますが、一度ホワイトニング剤を使うとやめられないという人もいるくらいです。値段は歯磨き粉よりは高いですが、普通に歯医者やクリニックに行きホワイトニングをやってもらうよりもコスパも高く満足します。

 

ホワイトニング剤も様々な種類がありますが、当サイトのモニターで一番効果のあったオーラパールがおすすめです。また、その他の商品はこちらで確認出来るので見てみてください。

 

ホワイトニング歯磨き粉の体験談はこちら

 

≫ホワイトニング歯磨き粉を使った人の「生」の声や体験談(写真付)はこちら