MENU

ホワイトニングの基礎知識記事一覧

ステイン、っていう言葉お聞きになられたことがあるでしょうか?歯磨き粉のCMなどでも時々目にする言葉かもしれませんが、実は歯の黄ばみの原因と言われているものです。といっても、ステインという物質があるわけではなく、シミとか汚れのことをいい、歯についてしまった色素や汚れのことを指します。ステインのできる理由を知れば、対処法がわかる!ご存じのかたも多いと思いますが、歯はエナメル質という膜で覆われており、ス...

あなたのそばにも実際の年齢よりも若く見える人、いきいきしたオーラを出している人、いらっしゃるかと思います。それとは逆にまだ20代なのに40代に見えてしまう人、なんだか疲れきって、覇気がないように見える人もいますよね。では、一体両者の違いはどこから生まれるのでしょうか?もちろん、そもそも若々しく見える人、老けて見える人がいることは確かですが、主な理由はどれだけ自分で身だしなみのお手入れをしているか、...

赤ちゃんは歯磨きをしていないのに、真っ白な歯、逆に30〜40代の多くの人たちは、毎日歯磨きをしているのにだんだんと歯が黄ばんでいく、一体なぜ?って考えたことありませんか?ただなんとなく値段の高めの歯磨き粉を選んで、シャカシャカ磨くだけでは問題は解決しません。理由を知ることから始めましょう。歯が黄ばむ原因は大きく分けて2つあります。歯が黄ばむ原因としてすぐに思い当たるのはわたしたちの食べ物、飲み物で...

魅力的な笑顔は人を惹きつけますが、白い歯はそのために不可欠です。白い歯を保ちたいと思って、毎日きちんと食後に歯磨きをしているのに、なぜか歯が汚れていく、そんな経験を皆さんもしたことがあるかと思います。ここでは、その原因について一緒に分析してみましょう。歯が汚れる原因は様々、自分の生活習慣を分析してみようまず、歯が汚れてしまう原因と密接な関係があるのはわたしたちの食習慣です。コーヒーや紅茶を始めとし...

白い歯はどの年齢になっても、また男性も女性にとっても憧れの的です。これは別に異性にもてたい、という下心だけでなく、実際にわたしたちの生活に大きな影響を与えます。例えば、就職活動の面接、いろんなことを聞かれる度に白い歯を輝かせて答えるのと、ヤニで黒ずんだ歯で答えるのとでは、面接官に与える影響は天と地ほど異なるでしょう。白い歯が人生を変える!?白い歯が就職面接の結果が変えるのであれば、ちょっと言い過ぎ...

皆さんは人の老化ってどこから始まると思われますか?よく外面が年老いても、気持ちが大事って言われますが、周りの人はどうやって気持ちの若々しさを感じ取るのでしょうか?それは、おそらくその人が発する「オーラ」のようなものではないでしょうか?その人全体が醸し出す雰囲気のようなものその人の印象、それが「若々しさ」を生み出しているといえます。そして、その人の印象を形作るのに大きく影響するものの一つ、それはなん...

歯を白くする目的でホワイトニングしてもらうと思いますが、実は思っているほど簡単に白くできるわけではありません。ホワイトニングをする前に知っておきたい点を押さえておきましょう。失敗しないでホワイトニングを成功させるためにどうしたら良いでしょうか。個人個人のコンディションに影響される注意しておきたい一つ目は、ホワイトニングの効果には個人差があるという点です。オフィスホワイトニングでも効果の程度は個人差...

歯が白くなるからと言っても、歯のことだからけっこう痛いことがあるのでは、と思っている方は多いかもしれません。歯のホワイトニングをするときに痛い経験をすることがあるのかお話しします。痛いを感じるのは効果があるから歯の象牙質は黄色がかった白色なので、ここを漂白することによって歯の全体の白さをアップするのがホワイトニングです。この象牙質の部分には歯の中心に向かって微細の管がたくさん伸びています。この管に...

はじめに注意点からですが、ホワイトニング治療の効果は劇的に現れるものではありません。少しずつゆっくり、でも確実に効果が出るもの、と考えてください。もし劇的に効果が出るような謳い文句があったら信用しないほうが良いでしょう。効果を感じるまでに時間はかかるホームホワイトニングでもオフィスホワイトニングでも効果が分かるまでにはそれなりの時間がかかります。オフィスホワイトニングは施術当日である程度の白さを実...

あまり時間をかけないで歯を白くしたいときはどうしたらいいでしょうか。結婚式、初デート、就職などここぞというときには白く輝く口元にしておきたいものですが、何ヶ月も前からしておくことができないこともあります。短時間でホワイトニングの効果が実感できるのはどの方法でしょうか。初回から実感がありますホワイトニングの方法には、ホームホワイトニング、オフィスホワイトニング、ホワイトニング剤入りの歯磨き粉の3種類...

歯のホワイトニング(またはブリーチング)は今では多くの人が知っているものとなりましたが、そもそもいつから始まったのでしょうか。近年登場したものなのでしょうか。意外と知られていないその歴史をご紹介しましょう。もっとも初期のホワイトニング歯のホワイトニングは実はかなり古く、分かっている中では19世紀半ばから原始的なものがありました。1844年、日本の江戸時代末期にあたるころに、米国ではミョウバンを使っ...

白い歯を手に入れたらそれをずっとキープしていきたいですよね。そのためには何もしなくていいわけではありませんし、意識して行うべきことがあります。白さをキープするために必要なタッチアップについて取り上げましょう。タッチアップは長持ちさせるため歯の白さを長持ちさせるには日常的なケアがどうしても欠かせません。ホワイトニング治療が完了したあとも、メンテナンスを忘れないで心掛けていけば白さはずっと長持ちします...

銀歯や差し歯のような人工物は通常のホワイトニングでは白くすることができません。でも口を開けた時に目立ってしまう銀歯をなんとか白くする方法はないのでしょうか。新しい素材のものに交換して白くする銀歯や差し歯は、新しく交換することによって白くすることができます。銀歯の場合、もちろん白いセラミックに交換することによってです。セラミックは保険診療外のため、1本の歯に対して7万円〜12万円かかります。銀歯の部...