ホワイトニング治療で歯が痛くなることはないの?

MENU

痛みは回避することができます

ホワイトニング治療で歯が痛くなることはないの?

歯が白くなるからと言っても、歯のことだからけっこう痛いことがあるのでは、と思っている方は多いかもしれません。歯のホワイトニングをするときに痛い経験をすることがあるのかお話しします。

痛いを感じるのは効果があるから

歯の象牙質は黄色がかった白色なので、ここを漂白することによって歯の全体の白さをアップするのがホワイトニングです。
この象牙質の部分には歯の中心に向かって微細の管がたくさん伸びています。
この管には特殊な液体が満たされていて奥の神経に温度やその他の情報を伝える役割をしています。

 

施術でホワイトニング剤を塗布すると、歯の中に薬剤が染み込んでいくときにこの管を伝わって神経を刺激することがあります。
一時的なものですが痛くなることがあります。もちろん個人差がありますので必ずしも痛みを感じるわけではありません。

 

とくに歯の表面のコンディションによっては染み込みやすくなりますが、その箇所をよけるようにすれば痛みも回避することができます。

 

オフィスホワイトニングの場合は、歯科医がコンディションをみて一本一本丁寧にしてくれますので、ほとんど痛みを感じることはないでしょう。
痛みだけではなく、歯の弱い部分があれば避けてくれます。

 

ホームホワイトニングのほうが痛い場合も

自分で行うホームホワイトニングの場合はどうでしょうか。
ホームホワイトニングはマウスピースを歯科医院で作成してもらって、あとは自分で毎日行なっていくタイプです。

 

マウスピースは上か下の歯列をまとめてキャップできるように作ることになるので、一部の歯だけをよけてはめることができません。
すべての歯を一括してホワイトニングすることを前提としているので、一本だけ特別扱いするということは無理なのです。この場合は痛みを感じる可能性は高くなると思います。

 

もともと歯に問題があってホームホワイトニングを選択する場合は、すべての問題をクリアすること優先したほうがいいでしょう。

 

痛みを避けるための別の方法

一般的にはオフィスホワイトニングのほうがホームホワイトニングよりも痛みがあると言われていますが、それは使用する薬剤の濃度が高いからです。
5〜10倍くらいの違いがあるので濃いほうが刺激も強いとされています。
しかし、上述のようにホームホワイトニングのほうがむしろ痛みが強くなる可能性もあります。

 

第3の選択としてホワイトニング剤入りの歯磨き粉なら穏やかな効用で刺激が少ないので、痛みについてはほぼ考えなくて良いでしょう。

 

ホワイトニング歯磨き粉の体験談はこちら

 

≫ホワイトニング歯磨き粉を使った人の「生」の声や体験談(写真付)はこちら