MENU

歯が汚れる原因は様々、自分の生活習慣を分析してみよう

歯の色が汚く見えるので避けるべき、歯が汚れる3つの原因

魅力的な笑顔は人を惹きつけますが、白い歯はそのために不可欠です。白い歯を保ちたいと思って、毎日きちんと食後に歯磨きをしているのに、なぜか歯が汚れていく、そんな経験を皆さんもしたことがあるかと思います。ここでは、その原因について一緒に分析してみましょう。

歯が汚れる原因は様々、自分の生活習慣を分析してみよう

まず、歯が汚れてしまう原因と密接な関係があるのはわたしたちの食習慣です。コーヒーや紅茶を始めとした色素の強い食品を頻繁にとり続けると、そうした色素は歯に沈着してしまいます。また、食後の歯磨きが不十分だと、歯垢が歯についてしまい、歯垢を放置しつづけると、それは歯石になってしまいます。そうすると、歯はくすんだ色になってしまうわけです。

 

対処するためには、毎日の正しい歯磨きに加えて、歯石になってしまったら、歯医者さんでのクリーニングをしてもらいましょう。次に歯が汚れているように見える原因として、虫歯が挙げられます。特に歯茎が弱ってくると、歯の根が見えてくるようになります。

 

笑って大きな口を開けたときに、そのくすんだ部分が見えてしまうと、相手に与える印象も決して良いものとはいえないでしょう。これは単に歯が汚れて見える、ということだけでなく、口臭につながったり、実際の食生活にも大きな影響を与えることになりかねませんから、早めの治療が必要です。

 

最後に歯が汚れる原因として指摘しておきたいのは、老化です。これは誰にとっても避けられません。老化とともに歯は黒ずんできます
別にタバコを吸っていなくても、きちんと毎日の歯磨きを徹底していたとしても、ひとつの老化現象ですから、受け入れるしかありません。対処する一つの方法としては、歯科などでホワイトニングを受けることです。

 

しかし、この効果も永久ではありませんから、維持するためにはややコストがかかってしまうことをお忘れなく。

 

ホワイトニング歯磨き粉の体験談はこちら

 

≫ホワイトニング歯磨き粉を使った人の「生」の声や体験談(写真付)はこちら