MENU

歯を白くする歯磨き粉は2種類存在する!?

漂白剤が入ってるの!?歯を白くするホワイトニング歯磨き粉

 

歯を白くする歯磨き粉は、実は2種類存在するというのをご存知でしょうか?そう言われても、意味がわからないという人も多いかと思います。というのも、歯を白くする歯磨き粉というのは、一見すると全て同じように見えてしまうからです。けれども、この2種類の歯磨き粉は、含まれている成分が根本的に違うと言えますので、注意が必要です。

 

ドラッグストアで購入できる歯磨き粉

 

ホワイトニング歯磨き粉を購入する際、あなたならまずドラッグストアへ足を運ぶかと思います。ドラッグストアでは、通常の歯磨き粉も歯を白くする歯磨き粉も販売しています。けれども、ドラッグストアで購入できる歯磨き粉というのは、基本的に歯の表面の汚れを落とすことを目的としています。

 

これは、タバコのヤニやコーヒーによる着色を物理的に削り落とすことで、歯を白くすると言えます。では、もう1種類の歯磨き粉とは、一体何を目的としてるのでしょうか。

 

ネット通販や歯科クリニックで購入できる歯磨き粉

 

もう1種類の歯磨き粉は、何とインターネットで購入することができます。けれども、ドラッグストアには置いてありません。これはどうしてなのでしょうか?答えは、歯磨き粉の中に含まれている成分が関係しています。もう1種類の歯磨き粉は、歯の表面の汚れを落とすのではなく、歯の本体を白く漂泊する効果を持っています。

 

つまり、選択などに使用するような漂白剤に近いと言えます。こうした衣類用の薬剤を使用したことがある人はよくわかると思いますが、漂泊剤はとても作用が強いです。ですので、使い方を誤ると、事故を起こす可能性もあります。そのため、実は漂泊効果のあるホワイトニング用歯磨き粉というのは、日本では市販されていないのが現状です。

 

「じゃあどうしてネットで買うことができるの?」と思われる方も沢山いらっしゃることでしょう。実は、ネットストアであれば、アメリカからの直送という形で、こうした歯磨き粉を購入することが可能なのです。興味のある方は、Amazonなどのインターネットサイトをご覧になってみてくださいね。ちなみに、歯磨き粉によっては、街の歯科クリニックで販売しているものもあります。

 

どちらの歯磨き粉が優れているの?

 

そうなると、やはり漂白剤入りの歯磨き粉の方が優れているように感じてしまいますよね。けれども、話はそう単純なものでもありません。漂白剤入りの歯磨き粉を日本で販売することが薬事法で禁止されているのには、それなりの理由があるからです。

 

先ほども書いた通り、漂白剤は使用方法を間違えると、歯や歯茎などを傷める危険性があります。特に、薬剤の濃度と、取り扱い方が重要と言えます。ちなみに、歯科クリニックでは歯科医師免許を持った歯医者さんがいますので、こうした強い薬剤でも使用することが可能となっています。ですので、自宅で安全かつ確実に歯を白くしていきたいのなら、市販されているホワイトニング用歯磨き粉の方がお勧めと言えます。

 

ホワイトニング歯磨き粉の体験談はこちら

 

≫ホワイトニング歯磨き粉を使った人の「生」の声や体験談(写真付)はこちら