MENU

重曹で歯を白くすることができる!?

歯の汚れを落とす!重曹で歯磨きをする方法と注意点

 

歯を白くする方法は色々ありますが、コストが気になる所です。歯科クリニックでホワイトニングをすれば、数万円かかります!ホームホワイトニングもそれほど安いものでもありません

 

そこで、全くお金をかけずに歯を白くしたいよ〜!という方にお勧めなのが、重曹です!重曹は、ベーキングソーダのことで、お料理に使われる材料です。知ってますよね?実は、この重曹には研磨作用があり、歯の表面を綺麗に磨くことができるのです。また、重曹自体が弱アルカリ性なので、酸性度の強い歯垢などを除去しやすい性質を持っています。

 

ですので重曹は、言ってみれば手作りのホワイトニング用歯磨き粉のようなものなのです。それから、重曹は天然素材ですので、誤って飲み込んでしまっても全く問題がありません。

 

重曹によるホワイトニングの注意点!

 

先ほど、重曹は飲み込んでも体に害がないと書きましたが、それは食用の重曹に限ります。重曹というのは、厳密には食用と医療用、それから工業用の3種類があります。このうちの食用以外の重曹は、体に害があると考えてください。

 

また、重曹というのは、非常に塩分が高い材料です。ですので、塩分の摂取が制限されている人は、あまり使用しない方が良いと言えます。そしてもう1点、注意しなければならないのが重曹の研磨効果です。重曹は研磨効果が強いため、磨き過ぎてしまうと歯を傷つけます。それだけでなく、歯茎かお口の粘膜も傷つける恐れがあるため、過剰な歯磨きは控えましょう。

 

重曹ペーストの作り方と歯の磨き方

 

それでは、実際に重曹での歯の磨き方をご紹介します。まず、歯を磨きやすいように、重曹を歯磨き粉のような形態にします。これを重曹ペーストと言います。

 

重曹ペーストの作り方は至って簡単です。大さじ1杯の重曹に水を加えます、水の量は、少し固めのペーストができるように調節します。少し固めにするのは、歯磨きをする際に、唾液が混ざるためです。ですから、ペーストの段階では固めにしておいた方が、磨く時に丁度良い固さとなるのです。歯を磨く時は、作成した重曹ペーストを指に摂ります。そして、着色などが気になる歯に、こすりつけてください。

 

重要なのは、この状態で5分ほど待つことです。その間、歯の表面に付着した汚れなどが重曹と化学反応を起こして、浮き上がってくるのです。その後、歯ブラシを使って、歯を丁寧に磨いていきます。ブラッシングの際には、それほど力を入れる必要がありません。

 

ちなみに、歯ブラシは毛先が細くて、やわらかめのものがお勧めです。そうした歯ブラシを用いて、時間をかけてゆっくり磨くと、効果的に歯の汚れを落とすことができます。

 

いま人気のホワイトニング歯磨き剤をチェックする

 

 

ホワイトニング歯磨き粉の体験談はこちら