いつもの磨き方は大丈夫ですか

MENU

いつもの磨き方は大丈夫ですか

 

歯磨きを毎日欠かさず行なっていてもなぜか歯周病や虫歯になる人がいます。
毎日欠かさないのは良い努力ですが、その磨き方は適切でしょうか。

 

歯のトラブルが起きてしまうなら、残念ながらその磨き方では不十分ということでしょう。でも今の努力に加えてもう少し磨き方を工夫すれば、トラブルをまったくなくすことも可能です。

 

あまり考えずに磨いているときは、適当に歯ブラシを歯にあてて腕を大きく動かしているのではないでしょうか。ある程度の期間はトラブルを回避できるかもしれませんが、遅かれ早かれ必ずやってきます。磨き方を見直してみましょう。

 

ブラシの角度は合ってる?

 

歯ブラシに何も付けないでご自分の動きを確認してください。

 

まずは、一本一本の歯の立っている向きを意識しましょう。
ブラシ面がそれぞれの歯の面にしっかり合わさるように歯ブラシを持ちます。万能な持ち方はありませんので、とにかく歯の表面にブラシ面すべてを最大限当てられる角度を探しましょう。そしてカーブに合わせてブラシの縦横向きや角度を調整していきましょう。

 

ブラシの動かし方は合ってる?

 

表側も裏側もそのようにして磨くことに加えて、歯ブラシの動かし方も重要です。
意識していないとどうしても大振りになりがちですが、小刻みに一本一本別々にブラッシングするように意識してみてください。そうするとブラッシングは確実になり、歯茎を傷つけるリスクを減らすことができます。

 

ブラシの全面を活かした磨き方の後は、歯ブラシの爪先(先端側の角)とかかと(後端側の角)を立てて、歯と歯の間の谷に入り込ませるようにしてみてください。犬歯から奥歯にかけての範囲はこの方法が効果的です。

 

水を付けてはいけません

 

歯ブラシの動きを確認したら、歯磨き粉を付けてからの注意点を説明しましょう。
適量をブラシに出したら、水を付けて、となりがちですが、これは実は間違いです。水を付けると歯磨き粉の発泡剤と反応して泡立ちが良くなりますが、これがかえってよくありません。

 

発泡剤は唾液と反応するくらいがちょうど良いように配合されています。そこに水を付け足すと泡が多く出すぎてしまいます。泡が多くなると十分磨いた気になりやすいですし、泡が口から溢れてきてじっくり落ち着いて磨いていられなくなります。
それに口内が泡でいっぱいになるので、歯とブラシの角度を確認することも難しくなりますよね。

 

ご自分のいつもの磨き方を見直して、歯のトラブルと無縁な人になりましょう。

 

ホワイトニング歯磨き粉の体験談はこちら

 

≫ホワイトニング歯磨き粉を使った人の「生」の声や体験談(写真付)はこちら