MENU

歯磨きのための道具を活用しよう

 

歯磨きと言えば、歯ブラシでこすって磨くものと、というイメージが多いかもしれません。歯磨き粉と組み合わせて使うのが一般的でしょう。

 

でも、歯磨きの道具は歯ブラシだけではなく、現在はいろいろと選ぶことができます。
デンタルフロス歯間ブラシワンタフトブラシ一列歯ブラシラバーチップなどからご自分に合ったツールを選ぶことができます。
ポピュラーなのはデンタルフロスや歯間ブラシですね。

 

歯の隙間にはデンタルフロスと歯間ブラシでしょう

 

デンタルフロスは、フロスつまり糸状のもので、歯と歯の間に入れ込んで前後に動かして、取り切れなかった食べカスや歯垢を取り除くことができます。

 

歯間ブラシの目的はデンタルフロスと同じですが、形状が異なります。柄の先の針金に付いた細かな毛で歯垢などを取り除きます。

 

どちらも慣れが必要ですが、デンタルフロスの場合は両手指を口の奥まで入れる必要があるので、口が小さい方や手が大きい方は上手くできないかもしれません。また歯間ブラシは先端を歯間にうまく入れ込む必要があるので、面倒に感じることがあります。

 

でも確実に歯の隙間を掃除するにはこれらが欠かせないと思います。

 

変わったブラシもあります

 

ワンタフトブラシは、歯ブラシの柄に一つの毛束(タフト)だけが付いたブラシです。歯と歯茎の間や歯と歯の谷間に残った歯垢を掻き出すのに向いています。

 

一列歯ブラシはその名の通り、普通の歯ブラシのうち端の一列だけ毛が付いているものです。おもには歯と歯茎の間のポケットを掃除するために使います。

 

ラバーチップとは、歯ブラシの柄の先に小さな革片が取り付けられたものです。これは歯を磨くためではなく、歯茎にあててマッサージするためのツールです。

 

このようにいろいろなツールがありますが、歯ブラシの代わりになるでしょうか。
結論としては、どれも歯ブラシを補完するもので、磨き残ってしまう部分をカバーするためのものとなっています。

 

歯ブラシでできる限り丁寧に磨いて、歯間など歯ブラシでは届かないところをデンタルフロスなどで掃除するようにしてください。

 

ホワイトニング歯磨き粉の体験談はこちら

 

≫ホワイトニング歯磨き粉を使った人の「生」の声や体験談(写真付)はこちら