ホワイトニングに関するよくある質問

MENU

ホワイトニングに関するQ&A記事一覧

過度の心配は不要でも、絶対に安全とも言い切れない歯のホワイトニング治療。なにかの治療法や健康法に関して、すぐに「それって絶対安全なんですか?100%言い切れますか?」というようなアプローチをする方がいらっしゃいますが、正直、この世界に絶対なんてものはありえません。特に先端の医療に関しては、またデータが限られていることなどから、内在するリスクは高いですし、もっと言えば、どれだけ信頼に値する治療法とさ...

ホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類ありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。そして、よくホームホワイトニングのメリットとして、「歯にしみない」という点が挙げられることがあります。それはホームホワイトニングの際に使われる薬剤がオフィスホワイトニングで使用される薬剤よりも濃度が薄いためです。確かにこの点だけとってみれば、歯にしみないようにみえるのですが、...

結婚式を間近に控えて、式場も決まり、ウェディングドレスも選び、そして結婚指輪も購入した、あとは式を待つのみ、そんなときに鏡に映った自分の顔にびっくりします。なんと、歯が黄ばんでいるではありませんか!せっかくの白いウェディングドレスもこれじゃ、台無しだ〜、とがっかりするのはまだ早いです。ホワイトニングという方法があります。ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングホワイトニングには歯科医等で行うオ...

以前に装着した差し歯が年月とともにくすんできているので、差し歯を白くしたい、という願いを持つ方は少なくありません。特に、差し歯をつけている方の多くが前歯ですので、一番目立つ位置、それが変色してきているとなれば、なんとも気になります。しかし、結論から言いますと、差し歯にはホワイトニングはできないのです。ホワイトニングの効果があるのは、天然の歯のみです。では、差し歯の方は、一体どうしたら良いのでしょう...

歯の矯正には場合によっては数年もの時間がかかり、また矯正中は歯磨きも大変で、歯が徐々に汚れて、黄ばんでいくような感じがして、嫌だ、という方もいらっしゃることでしょう。ですから、矯正中にホワイトニングを始めたいという方のお気持ちはよくわかります。しかし、ほとんどの歯科医は矯正中のホワイトニングはやめるようにとアドバイスしています。その理由は矯正中に装着しているブランケットです。矯正をしたことがあるか...

歯に歯石やヤニがついていても、もちろんホワイトニングは出来ます。ただ、ホワイトニングとはそもそもどういうものかを理解していただく必要があるかもしれません。例えば、買ったばかりに白いワイシャツをずっと使っていると、きちんと洗濯していてもだんだんと黒ずんできたりしますよね。特に目立ったシミなどがあるわけではないのですが、全体が何となく変色してしまっている、そんなワイシャツはいくら洗濯機で洗ってももとの...

女性の方ですと、生理中や妊娠中にホワイトニングをやっていいのか、不安という方がいます。ホワイトニングで使用する薬剤が自分や胎児の体内に影響を与えるのではないかということを懸念しておられるのだと思います。女性のカラダは妊娠中や生理中にホルモンのバランスが大きく変化します。そうした不安定な時期には、こうした治療だけに限らず、体内に取り入れるモノに十分注意する必要があります。実際、ホワイトニングで使用す...

歯を白くする方法にもいろいろなアプローチがあります。歯の表面にステインと呼ばれる着色物が付着することが歯の黄ばみの原因ですが、単純な発想としては、それらを削ってそぎ落とせば良い、という方法が考えられます。そして、実際にそういう方法はあります。しかし、一般的にホワイトニングと呼ばれる方法は歯を削ることはありません。では、どうするのか、といいますと、簡単に言えば、歯を漂白するのです。ホワイトニングの際...

ホワイトニングに関しては、効果に関して正しく理解しておく必要があります。誤解のひとつとして、ホワイトニングを一度したら、その効果は半永久的、ずっと白いままであると考えておられる方もいます。オフィスホワイトニングにしても、ホームホワイトニングにしても、白さを持続するためには定期的な漂白が必要になります。当たり前のことですが、一度ホワイトニングしても、そのあとに同じ歯を使って食事をしますし、口の中には...

ホワイトニングで歯を白くしたいとは思っていたものの、やってみたらあまりに白くなりすぎていて、自分の顔に合わない、と後悔される方がおられます。もちろん、白い歯は毎日の習慣によってその後も黄ばんでいきますから、白くなりすぎてしまって、どうにもやりようがない、ということはないのですが、どうせなら自然な色に落ち着けたいですよね。オフィスホワイトニングの場合オフィスホワイトニングは費用も数万円の費用がかかり...

毎日歯磨きをしているのに全然歯が白くならないので、ホワイトニングを決意したからには徹底的に白くしてやろう、と思っておられる方がおられます。ホワイトニングをしたら、芸能人のようにピカピカの白い歯に絶対にしたい、というのです。確かにオフィスホワイトニングでは使用する薬剤の濃度は濃く、一回の治療でかなりの効果が見られます。しかし、同じ治療をしても、必ずしも同じ効果が出るとは限りません。なぜなら、どの程度...

まず、知っておいていただきたいのは、一回のホワイトニングをしたとしてもそれが半永久的にずっと効果が持続する、というわけではないことです。ですから、「ホワイトニング」をどう捉えるかですが、「一度のホワイトニングにどのくらいの期間がかかるか?」という視点で以下の資料を読んでいただきたいと思います。オフィスホワイトニングの場合歯科医などで行うオフィスホワイトニングでは、一度の治療で効果が明確になる場合が...

「ホワイトニングをしたいんだけど・・」と二の足を踏まれる方のほとんどは2つのことで悩んでおられます。それはホワイトニングにかかる手間、そして、ホワイトニングにかかる費用です。ここでは、後者について解説しましょう。ホワイトニングには2種類あり、歯科や専門のクリニックで施術を受けるオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングです。料金面を比較すると、オフィスホワイトニングの方が割高ですが、...

「ホワイトニングをしたいんだけど、銀歯があるからしみるのではないか」と心配する方もおられるかもしれませんね。もし、あなたが銀歯を入れておられることによって、通常何の痛みもないようでしたら、銀歯自体がホワイトニングを妨げることにはなりません。しかし、もし銀歯を入れている部分に隙間などがあると、要注意です。もし、そうでしたら普段からしみたりしておられるのではないかと思いますが、ホワイトニングの際の知覚...

ホワイトニングには大きく分けて、2種類があります。歯科医や専門のクリニックで行うオフィスホワイトニングと、お家で行うホームホワイトニングです。それぞれメリットとデメリットがあるのですが、虫歯があっても、ホワイトニングをできるのか、という問題の土俵では、オフィスホワイトニングに軍配があがります。そもそも、虫歯中のホワイトニングに関して言えば、ホワイトニングをする際には特殊な薬剤を使って漂白するのです...

もし、あなたが誰かから、「たばこを吸っていてもマラソンは出来るんですか?」とたずねられれば、答えはもちろん「出来ます」でしょう。でも「マラソンによって得たい効果は半減しますよ」ということを付け加えざるを得ないでしょう。同じようにホワイトニング、それは歯科医で行うオフィスホワイトニングにしろ、自宅でするホームホワイトニングにしろ、たばこを吸っていたとしても、それ自体は出来ますが、どのくらい効果がある...

妊娠中はおなかの赤ちゃんに合わせて生活をしていくことでしょう。その中でお口のトラブルを抱える方が多くなると言われています。妊娠したとたんに歯の調子が悪くなったという話も聞きますが、妊婦さんが抱えやすいお口のトラブルと、その理由について取り上げます。唾液の量が減るとトラブルが増えやすい妊娠中に起こりやすいトラブルは、唾液の量が減ることとそれに伴って口臭が強くなることです。唾液は口内の細菌を減らしきれ...

周りでは白くなると言っているものの、本当に白くなるのか、費用が高いだけに心配になるのも無理はないと思います。ホワイトニングの効果性と、自分で注意しなければならない点を見てみましょう。ホワイトニングの方法によってメリット・デメリットがあるホワイトニングの方法には、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、ホワイトニング剤入りの歯磨き粉、があります。すぐに効果を実感できるのはオフィスホワイトニング...

歯の着色の原因の一つに毎日口にしている食品の持つ色素があります。ですから食生活を大幅に変えないかぎり着色は繰り返していくということです。ホワイトニングの施術をしている期間はとくに制約が多くなりますが、施術後も注意することがあります。施術は1回で終わることは少なく、たいていは2〜3回通院する必要があります。その間の中でも着色しやすい食品は極力避けることが勧められています。施術の直後の48時間(2日間...

日本人のほとんどは、欧米人に比べて歯並びが悪いと言われています。あごの大きさが日本人は小さいために歯列に余裕がないからですが、では歯並びが悪くてもホワイトニングに影響はないのでしょうか。歯並びが良くなくても大丈夫!結論から言いますと、歯並びが悪くてもホワイトニングには影響はほぼありません。ホワイトニングは薬剤を使用して化学的に行うものですし、オフィスホワイトニングの場合は光を当てるので並びがよくな...

だれでも自分の見た目は多かれ少なかれ気になるものですね。黄色くなってしまった歯を白くしたいけれども、簡単にできるのでしょうか。簡単さにも色々ありますが、自分で手軽に続けられるという意味の場合や、そうではなく自分で頑張らなくても白くしたいという意味の場合などがあるかもしれません。ローコストで歯を白くしたい場合自分で手軽にできる方法とは何でしょうか。基本中の基本ですが、歯磨きを毎日欠かさずに行うことで...

現在の歯のホワイトニング技術は、それほど歴史があるものではなく20〜30年くらいでしかありません。ですからどんな人でも同じようにホワイトニングできるわけではなく、ある場合は施術すること自体ができないか、施術しても効果が望めないこともあります。では、どのような場合はホワイトニングできないのでしょうか。本人のコンディションによっては避けたほうが良いご本人の体調が十分ではないときはホワイトニングを避けた...

歯の黄ばみは加齢や食べ物、飲み物によってどんどん進んでいきます。ホワイトニングは効果的ですが、時間もお金もかかってしまいます。自宅の歯磨きで、歯についた着色汚れ(ステイン)を取り除くことができれば、白い歯を自宅でもある程度保つことができます。ではどのように自宅の歯磨きで黄ばみを落として歯を白くすることができるのでしょうか。もちろん丁寧なブラッシングが必要なのは言うまでもありませんが、ここでお勧めし...

白い歯は健康的で、良い印象を与えます。歯茎の色も歯と同じくらい大切です。健康な歯茎は薄いピンク色をしています。しかし歯茎の色が赤くなったり、紫色になったり、黒みがかった色になることがあります。歯茎の色が良くないことがコンプレックッスで、口を開けて笑えない、という人たちもいます。歯茎の色は個人差があり、また人種によっても異なりますのでどんな色が健康な歯茎の色かは一概には言えません。しかし、もしピンク...

ホワイトニングをするときに、上手な歯医者さんをどのように選んだらよいのでしょうか。ホワイトニングは、保険診療ではなく、自由診療ですので、歯医者さんにとっても実入りの良い仕事です。ですからホワイトニングに力を入れている歯医者さんも数多くあります。質の良い歯医者さんを選びましょうホワイトニングは現在ではどの歯医者さんでもやっていているからどこに行っても大丈夫・・ということにはならないはずです。歯科医院...

毎日の歯磨きで使う歯ブラシはどんなものを使っていますか?ドラッグストアで売っている安価なものでしょうか?実は最近、歯ブラシが相当進化しているらしく、中でもホワイトニング効果があると謳われているものもあります。「歯を白くすることができる歯ブラシ」・・実際はどうなのでしょうか。ホワイトニングできる歯ブラシが登場ジョンソン・アンド・ジョンソンから発売されている「リーチホワイトニング」という歯ブラシは、ホ...

「食事の直後の歯磨きは良くない。食後30分経ってから歯磨きをするのが良い」といったことをお聞きになったことはないでしょうか。食事をして食べ物が口に入ると、食べ物と唾液が混ぜ合わさり、酸性になります。この酸が歯のエナメル質を溶かしてしまう現象(脱灰)が生じます。脱灰は唾液の働きで元に戻ります。この現象を「再石灰化」といいます。食後すぐに歯を磨いてしまうと、エナメル質が溶けた状態で、再石灰化の前に口の...

ホワイトニングに挑戦したいけど、なかなかタイミングが掴めない・・値段も高いし・・と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。自分の現在の歯の色に満足している人は10%で、今よりも歯を白くしたいと思っている人は90%にも上ります。ではどんなタイミングで思い切ってホワイトニングをするのが良いでしょうか?人に見られる機会が多くなる前にまずお勧めなのが結婚式前です。ブライダルクラブでも歯のホワイトニ...