歯並びが悪いのですが、ホワイトニングできるのでしょうか?

MENU

むしろホワイトニングで歯並びが気にならなくなります

歯並びが悪いのですが、ホワイトニングできるのでしょうか?

 

日本人のほとんどは、欧米人に比べて歯並びが悪いと言われています。あごの大きさが日本人は小さいために歯列に余裕がないからですが、では歯並びが悪くてもホワイトニングに影響はないのでしょうか。

 

歯並びが良くなくても大丈夫!

 

結論から言いますと、歯並びが悪くてもホワイトニングには影響はほぼありません。ホワイトニングは薬剤を使用して化学的に行うものですし、オフィスホワイトニングの場合は光を当てるので並びがよくないところでも大丈夫です。
ちなみに、以前の旧式の機械のときは光がうまく歯の奥まで届かないこともありましたが、現在使用されているビヨンドライトは大幅に効率的になっています。

 

歯並びが悪いと、奥にある歯を磨きにくくどうしても着色が残りやすいものです。また周囲の光もあたりにくいのでその分さらに暗くなり、歯並びの悪さが強調されることになります。また歯と歯の間の境界部分は着色しやすいところですが、これも歯並びが強調される原因になります。

 

歯並びが綺麗に見えるようになる

 

ホワイトニングすると、この境界部分も白く明るくなるため影がなくなりますし、奥の暗く見える歯も明るくなることによって、歯の奥行き感が目立たなくなる効果が出ます。そうすると目の錯覚によって、歯並びが綺麗に見えるようになるわけです。
ただし万能ではなく、極端に歯並びが悪い方や、ホームホワイトニングの場合は十分な白さが得られないこともありますので注意が必要です。

 

もし自分は歯並びが悪いと感じているなら、ホワイトニングを積極的に行なうことによって、白い歯だけではなく美しく見える歯並びも同時に手に入れていきましょう。

 

ホワイトニング歯磨き粉の体験談はこちら

 

≫ホワイトニング歯磨き粉を使った人の「生」の声や体験談(写真付)はこちら