簡単に黄色い歯を白くする方法とは

MENU

自然の食品でもローコストでホワイトニングできます

 

だれでも自分の見た目は多かれ少なかれ気になるものですね。黄色くなってしまった歯を白くしたいけれども、簡単にできるのでしょうか。
簡単さにも色々ありますが、自分で手軽に続けられるという意味の場合や、そうではなく自分で頑張らなくても白くしたいという意味の場合などがあるかもしれません。

 

ローコストで歯を白くしたい場合

 

自分で手軽にできる方法とは何でしょうか。
基本中の基本ですが、歯磨きを毎日欠かさずに行うことです。できれば毎食後に丁寧に磨きましょう。歯の一本一本を包み込むように、ブラシ面の角度と歯の曲面の角度がぴったり合うように意識して磨きましょう。

 

歯ブラシに水分を付ける方が多いですが、これはしっかり歯磨きするのを妨げるので避けましょう。歯磨き粉には発泡剤が入っているため、水分があると泡立ちが早まって磨いた気になって、短時間で終わらせたくなるからです。

 

使い方に気をつける必要がありますが、重曹も効果があると言われています。具体的な方法は「歯の汚れを落とす!重曹で歯磨きをする方法と注意点」を参照してください。

 

自分で手軽にできる他の方法は、黄ばみを取ってくれる食材を意識して食べることです。
フルーツ類にはリンゴ酸が含まれているので、歯の表面に付いた汚れを取り除く効果があります。ココナッツオイルやバナナの皮なども、黄ばみを取ってくれるものとして使うことができます。ココナッツオイルは汚れを浮かしながら歯石も除去する効果があるとされていますし、虫歯菌を減少させ、歯肉炎を改善させる働きもあると言われています。スプーン一杯のオイルを口に含んで、歯の隙間まで行き渡るように15〜20分ほど口をゆすぐと良いでしょう。

 

手間を最小限にして歯を白くしたい場合

 

一方、自分で頑張らなくても歯を簡単に白くしたいなら、オフィスホワイトニングになります。専門家の施術で手軽ですし、比較的に速く、人によっては1日で白くすることができます。専用の薬剤と機器で効率的に進められますから、ほとんどは数回通院すれば完了できます。なんとも簡単ですね。
もちろんお金のほうは頑張らなくてはなりませんが。

 

なお、オフィスホワイトニングの後の白さの持続期間は数ヶ月から半年程度で、その後はもとの色に戻っていきます。

 

ホワイトニング歯磨き粉の体験談はこちら

 

≫ホワイトニング歯磨き粉を使った人の「生」の声や体験談(写真付)はこちら