MENU

銀歯自体は障害にならないが、痛みが出るなら様子をみることに

 

「ホワイトニングをしたいんだけど、銀歯があるからしみるのではないか」と心配する方もおられるかもしれませんね。もし、あなたが銀歯を入れておられることによって、通常何の痛みもないようでしたら、銀歯自体がホワイトニングを妨げることにはなりません。

 

しかし、もし銀歯を入れている部分に隙間などがあると、要注意です。もし、そうでしたら普段からしみたりしておられるのではないかと思いますが、ホワイトニングの際の知覚過敏の原因になりかねません。

 

痛みがでるなら知覚過敏の可能性が。

 

ホワイトニングの知覚過敏は、多くの方が施術中に経験することであり、痛みを経験する方は2〜3割、何らかの違和感を感じる方は7割にまで及ぶとも言われています。原因は様々ですが、主にホワイトニングの際に使用する薬剤の中に含まれている過酸化水素や過酸化尿素がそうした隙間に入り込んで刺激するためです。

 

ですから、薬剤の濃度が高ければ高いほど、知覚過敏になる可能性も高いといえます。もし、銀歯を入れていて、ホワイトニングを初めてみたものの、そうした痛みを感じるようなら、歯科医と相談して、一旦施術を中断して、様子をみることになるでしょう。ちなみに、銀歯自体はホワイトニングをしても白くなることはありませんから、あしからず。もし、銀歯を白くしたいのであれば、一旦取り外して、白い、詰め物が目立たないものに換えることになります。

 

ホワイトニング歯磨き粉の体験談はこちら

 

≫ホワイトニング歯磨き粉を使った人の「生」の声や体験談(写真付)はこちら