MENU

ホワイトニングで使用する薬剤では歯は削れません

ホワイトニングで歯が削れる?薬剤が歯に与える影響はコーラよりも少ない

 

歯を白くする方法にもいろいろなアプローチがあります。歯の表面にステインと呼ばれる着色物が付着することが歯の黄ばみの原因ですが、単純な発想としては、それらを削ってそぎ落とせば良い、という方法が考えられます。そして、実際にそういう方法はあります。しかし、一般的にホワイトニングと呼ばれる方法は歯を削ることはありません。では、どうするのか、といいますと、簡単に言えば、歯を漂白するのです。

 

ホワイトニングの際の薬剤と歯への影響

 

ホワイトニングをする際に使用する薬剤には過酸化水素や過酸化尿素が含まれており、これらが歯の黄ばみと成るステインと化学反応を起こし、それらを無色化するため、歯が白くみえるようになる、というわけです。ホワイトニングを歯を削るのでは、と心配されている方は、上記に挙げた使用する薬剤に関しても心配なさるかもしれません。「過酸化」なんて、なんだかいかにも歯を痛めそうな名前をしている気がしますよね。しかし、ご安心ください。こうした薬剤が歯に与える影響はコーラよりも少ないと言われています。

 

例えば、過酸化水素は体内でも作られている物質ですし、過酸化尿素に関しても成人であれば通常の使用ではまったく問題ないと言われています。(体内に影響を与えるのは1キロ以上の摂取と言われています)もちろん、かと言って、絶対に安全というわけではありません。特に海外の薬剤は濃度が高いものもありますので、個人で使用するのではなく、歯科医の指示のもとで慎重に使用するようになさってくださいね。

 

ホワイトニング歯磨き粉の体験談はこちら

 

≫ホワイトニング歯磨き粉を使った人の「生」の声や体験談(写真付)はこちら