MENU

矯正治療中のホワイトニングはオススメできません

ホワイトニングをするなら矯正中ではなく、終わってからがいいでしょう。

 

歯の矯正には場合によっては数年もの時間がかかり、また矯正中は歯磨きも大変で、歯が徐々に汚れて、黄ばんでいくような感じがして、嫌だ、という方もいらっしゃることでしょう。ですから、矯正中にホワイトニングを始めたいという方のお気持ちはよくわかります。

 

しかし、ほとんどの歯科医は矯正中のホワイトニングはやめるようにとアドバイスしています。その理由は矯正中に装着しているブランケットです。矯正をしたことがあるからならお分かりかと思いますが、現在もこのブランケットによって、ワイヤーで歯を少しずつ動かす方法が最も一般的な方法です。

 

矯正治療中はホワイトニングができない理由

 

さて、ホワイトニングの際には歯のステインを漂白するための薬剤を使用しますが、もしブランケットがありますと、そこには薬剤が十分につかずに、周りの部分と比べて効果が薄く、ムラができてしまうことになります。人によっては、もう少しでこのブランケットが外れるから、とりあえず付けた状態で初めてみて、あとでブランケットが外れたのちもホワイトニングを継続したら、もっと効果的なのでは、という思われる方もおられるかもしれません。

 

しかし、オフィスホワイトニングは使用する薬剤の濃度が濃いため、やはりムラになってしまう可能性が高いので決してオススメできません。もしホームホワイトニングなら、マウスピースをつけて、薬剤を使用する方法が一般的で、その薬剤はオフィスホワイトニングよりも濃度は薄いものの、ブランケットをつけたままの状態だと、そもそもマウスピースを作れないという問題もあります。すこし我慢が必要ですが、やはり矯正が終わり、ブランケットが完全に外れたときにホワイトニングを開始しましょう。

 

ホワイトニング歯磨き粉の体験談はこちら

 

≫ホワイトニング歯磨き粉を使った人の「生」の声や体験談(写真付)はこちら