ホワイトニングすると食べ物などは制限されますか?

MENU

色素の強いものやタバコはNG!

ホワイトニングすると食べ物などは制限されますか?

 

歯の着色の原因の一つに毎日口にしている食品の持つ色素があります。ですから食生活を大幅に変えないかぎり着色は繰り返していくということです。
ホワイトニングの施術をしている期間はとくに制約が多くなりますが、施術後も注意することがあります。施術は1回で終わることは少なく、たいていは2〜3回通院する必要があります。その間の中でも着色しやすい食品は極力避けることが勧められています。施術の直後の48時間(2日間)は歯の内部で白くするための化学反応が進むと言われています。

 

避けるべき食品

 

避けたい食品の例を挙げますと、お茶類、炭酸飲料、ポリフェノールのたくさん入った食品(赤ワインやグレープジュース、チョコレートなど)、色の濃いもの(ソース、醤油)、カレー(スパイスの中に着色性の強いものがある場合)といったものがあります。これらに加えて、タバコを吸っている方なら48時間だけではなく、その後もずっと吸わないことが必要でしょう。どんな食品よりもはるかに歯の着色の原因となります。
万が一、避けたいものを食べてしまったらどうしたらいいでしょうか。すぐに水で口をゆすいだり、すぐに歯磨きをしたりして、歯の中に色素が染み込む前に取り除きましょう。

 

ホワイトニング中でもセーフな食品

 

ホワイトニング中でも大丈夫な食べ物としては、白い食品か色の薄い食品です。白ご飯、パン、ホワイトクリーム系の料理、牛乳、白味噌、白ワイン、白菜、白身魚、大根、かぶ、水などです。

 

ホワイトニングの薬剤は歯の表面を覆っているペクリルという膜を溶かしてから、歯の中に染み込んでいきます。この膜がないと、色素成分も歯の中にいつも以上に染み込みやすくなります。このペクリルが自然に再生されるまでには24時間かかると言われています。ですから最低でも24時間は食品の種類によく注意して選ぶようにしましょう。

 

また、一度ホワイトニングをしても再び着色するのが普通ですが、日ごろから注意していけば白さを長持ちさせることができるでしょう。

 

ホワイトニング歯磨き粉の体験談はこちら

 

≫ホワイトニング歯磨き粉を使った人の「生」の声や体験談(写真付)はこちら