妊婦さんがお口のトラブルを抱えやすいのはなぜ?

MENU

歯のケアをしっかりしていけばトラブルを軽減することができます

妊婦さんがお口のトラブルを抱えやすいのはなぜ?

 

妊娠中はおなかの赤ちゃんに合わせて生活をしていくことでしょう。その中でお口のトラブルを抱える方が多くなると言われています。妊娠したとたんに歯の調子が悪くなったという話も聞きますが、妊婦さんが抱えやすいお口のトラブルと、その理由について取り上げます。

 

唾液の量が減るとトラブルが増えやすい

 

妊娠中に起こりやすいトラブルは、唾液の量が減ることとそれに伴って口臭が強くなることです。唾液は口内の細菌を減らしきれいな状態のために必要なものですから、分泌量が減ると細菌、つまり虫歯菌や歯周病菌が増殖しやすくなります。その結果、口内がネバネバして口臭も強くなります。
唾液量を増やすには、妊娠前のときよりも多くの水分を摂ること、よく噛んで食事すること、食事したら歯磨きをすること、キシリトールガムを噛むこと、などが効果的です。つわりがあるときは、歯磨きがきびしいですから、水でうがいしたりガムを噛んだりしましょう。

 

このような口内環境になるので、虫歯や歯肉炎、そして歯周病にもなりやすくなります。口内の細菌が増えるということはその攻撃が強まるこということですから、よく注意する必要があります。虫歯は痛みを感じるころには相当進行していますから、なるべき早いうちに発見することを心掛けましょう。健康的な歯肉はスティップリングといって、ミカンの皮に似た模様があるのですが、歯肉炎になるとこの模様が消えて、プックリとしてきます。

 

妊娠中でもしっかり歯のケアをしましょう

 

「子どもを一人産むと歯が一本抜ける」と言われるように、妊娠中に歯のケアをしっかりとすることは重要です。おなかの赤ちゃんはカルシウムをとても必要とするため、妊婦さんの骨のカルシウムも使われますし、歯の骨からも持っていかれます。ですから歯を失わないために、妊娠中も歯科医院で一度は点検してもらうようにしましょう。受診するなら安定期が最適ですが、最初に妊娠していることを伝えて、医師が適切な治療を選択できるようにしましょう。

 

治療が必要になったときに心配になるのが赤ちゃんへの影響だと思います。レントゲンや麻酔は基本的には影響はないと考えて大丈夫です。撮影するときは首から下は鉛のエプロンをかけますし、麻酔は局所麻酔ですからおなかの赤ちゃんへは影響ありません。
ただし、抗生物質などの投薬の場合は妊婦用のものを処方してもらうようにするために、妊娠していることを伝えるのは重要です。

 

ホワイトニング歯磨き粉の体験談はこちら

 

≫ホワイトニング歯磨き粉を使った人の「生」の声や体験談(写真付)はこちら