綿棒でホワイトニングできるのですか?

MENU

細かいところまで汚れを落として歯を白くできる綿棒!

 

歯の黄ばみは加齢や食べ物、飲み物によってどんどん進んでいきます。

 

ホワイトニングは効果的ですが、時間もお金もかかってしまいます。自宅の歯磨きで、歯についた着色汚れ(ステイン)を取り除くことができれば、白い歯を自宅でもある程度保つことができます。

 

ではどのように自宅の歯磨きで黄ばみを落として歯を白くすることができるのでしょうか。もちろん丁寧なブラッシングが必要なのは言うまでもありませんが、ここでお勧めしたいのは綿棒を使うことです。

 

効果的に汚れを落とせる

 

実は綿棒に研磨剤入りの歯磨き粉を付けて磨くだけなのですが、歯ブラシよりもずっとよく汚れを落とすことができます。すべての歯を綿棒で磨くのは大変ですので、着色汚れのついたところだけでも綿棒で磨くと効果があります。

 

また着色汚れが気になるときは重曹を綿棒につけて磨くのも効果的です。重曹には脱色作用がありますので、歯のステインを取り除き、歯を白くすることができます。

 

重曹を使った歯磨きは、口に入れるものですので、お掃除用ではなく食用の重曹を使うようにしましょう。そして極力飲み込まないように気を付けましょう。脱色作用のある重曹を飲み込むと白髪の原因になってしまうことがあります。

 

活用できるのは歯だけではない

 

さらに綿棒を使って舌磨きをするのも効果的です。舌の汚れは口臭の原因にもなることから、舌をきれいにする意識が高まっています。

 

最近では舌磨き専用のブラシも発売されていますが、綿棒を使えば手軽です。綿棒を水で濡らし、軽く舌をなぞるようにするだけでOKです。

 

もし歯ブラシで舌も擦っているとしたらすぐにでもやめるべきです。なぜなら舌は味覚を感じ取る大変デリケートな器官であるため、ナイロン製の歯ブラシで擦ると傷つきやすいからです。

 

さらにホワイトニングの観点からは外れますが、綿棒はメイク落としや、毛穴の角栓を取り除くことなど、なにかと日常生活に役立つアイテムですね。

 

このように綿棒を活用して、歯をステインから守り、歯を白くしていきましょう。

 

ホワイトニング歯磨き粉の体験談はこちら

 

≫ホワイトニング歯磨き粉を使った人の「生」の声や体験談(写真付)はこちら