MENU

妊娠中は因果関係が確定できない以上、ホワイトニングは避けたほうが無難

妊娠中や生理中でも歯のホワイトニングが出来る方法は「歯磨きタイプ」

 

女性の方ですと、生理中や妊娠中にホワイトニングをやっていいのか、不安という方がいます。ホワイトニングで使用する薬剤が自分や胎児の体内に影響を与えるのではないかということを懸念しておられるのだと思います。女性のカラダは妊娠中や生理中にホルモンのバランスが大きく変化します。

 

そうした不安定な時期には、こうした治療だけに限らず、体内に取り入れるモノに十分注意する必要があります。実際、ホワイトニングで使用する薬剤が妊婦や生理中の女性のカラダに、どの程度の影響をおよぼすかに関してははっきりした事はいえない、というのが正直なところです。

 

ということは、影響がないかもしれないし、重大な影響があるのかもしれないということです。それでしたら、あえて妊娠中や生理中にホワイトニングをして、不安な気持ちを抱える必要はないのではないかと思います。ほとんどの歯科医さんも妊娠中のホワイトニングはしないようにすすめています。

 

もし、どうしても妊娠中や生理中にホワイトニングをしたい、というのであれば、薬剤を使用せずに、自宅で行える歯磨きタイプのものを使用してみたらいかがでしょうか?これであれば、体のへ影響を心配せずに済みます。妊婦の方がホワイトニングよりも気にしなければならないのは、虫歯や歯周病です。妊娠してからでは、治療が難しくなるので、出産を考えておられる方は、気づいたときに歯科医に治療に行かれて、しっかり治しておかれることをオススメいたします。

 

ホワイトニング歯磨き粉の体験談はこちら

 

≫ホワイトニング歯磨き粉を使った人の「生」の声や体験談(写真付)はこちら