ホワイトニングで歯茎の色も変えられる?

MENU

歯茎の色は健康のバロメーター。ホワイトニングしてピンク色に

 

白い歯は健康的で、良い印象を与えます。歯茎の色も歯と同じくらい大切です。健康な歯茎は薄いピンク色をしています。

 

しかし歯茎の色が赤くなったり、紫色になったり、黒みがかった色になることがあります。

 

歯茎の色が良くないことがコンプレックッスで、口を開けて笑えない、という人たちもいます。

 

歯茎の色は個人差があり、また人種によっても異なりますのでどんな色が健康な歯茎の色かは一概には言えません。しかし、もしピンク色の歯茎だったものが明らかに変わってきた場合は健康な歯茎とは言えません。

 

歯茎が変色してしまう理由

 

このように歯茎の色が変化してしまう原因は何なのでしょうか?

 

まずは「歯周炎」があります。歯磨きが不十分などの理由で歯と歯茎の間に歯垢がたまり、歯垢に口内の細菌が繁殖して炎症を引き起こすことを歯周炎といいますが、歯周炎になると歯茎の中の血液循環が悪くなり、紫色の歯茎になります。

 

また喫煙も歯茎の色を悪くする原因です。タバコのニコチンやタールが色素沈着を起こして紫や黒ずんだ歯茎になってしまいます。タバコから出る一酸化炭素は歯茎の酸素不足を起こします。ニコチンは血液の血行不足を招きます。またビタミンCを破壊してメラニン色素の沈着を抑制できなくなるため、歯茎の色が悪くなります。

 

ほかにも差し歯の金属成分が溶け出して歯茎に着色を起こす場合もあります。また、口呼吸をしていると歯茎が乾燥し、炎症を起こしやすくなり歯茎の色が変わる場合もあります。

 

原因に合わせた対策方法

 

このように歯茎の色の変化の原因は様々ですが、その原因を突き止めたなら、対策を講じることができます。

 

歯周炎は歯科医院での歯のクリーニング、歯石、歯垢の除去、毎日の歯磨きを念入りにすることによって改善可能です。喫煙の習慣は歯と歯茎に有害ですので一日も早くやめるようにしましょう。差し歯を金属ではなくセラミック製のものに変えることも効果があります。

 

歯茎のマッサージも効果的です。歯肉全体を、円を描くようにしてマッサージするのです。血液のめぐりを改善して、歯茎の色が改善されます。

 

歯茎もホワイトニングできます!

 

歯にホワイトニングがあるのと同様、歯茎にもホワイトニングの方法があります。

 

歯科用レーザーと言って、レーザーを歯肉に当てることにより色素沈着を取り除きます。レーザーは、1〜2回の照射が必要で、1回1〜6万円かかります。

 

またガムピーリングと言って、薬剤を歯茎に塗布する方法があります。塗布後には歯茎は白くなりますが、2〜3日で薄い皮が剥がれ、ピンク色の歯茎になります。1回から数回の施術が必要で、上下で1回1万円程度の費用です。

 

このように歯を白くするだけではなく、歯茎も健康なピンク色にすることも大切ですね。

 

ホワイトニング歯磨き粉の体験談はこちら

 

≫ホワイトニング歯磨き粉を使った人の「生」の声や体験談(写真付)はこちら