MENU

差し歯では残念ながらホワイトニングは出来ません。

差し歯があっても、ホワイトニングはできるんでしょうか?

 

以前に装着した差し歯が年月とともにくすんできているので、差し歯を白くしたい、という願いを持つ方は少なくありません。特に、差し歯をつけている方の多くが前歯ですので、一番目立つ位置、それが変色してきているとなれば、なんとも気になります。

 

しかし、結論から言いますと、差し歯にはホワイトニングはできないのです。ホワイトニングの効果があるのは、天然の歯のみです。では、差し歯の方は、一体どうしたら良いのでしょうか?何か良い方法はないのでしょうか?何も方法がないわけではありません。一番良いのは、まず全体をホワイトニングし、その後に周りの天然の歯と差し歯の色をトータルで整えていく、という方法です。

 

差し歯の色はどうやって整えるのでしょうか?

 

1つの方法として、年月が相当経過しているなら、差し歯そのものを付け替えるという方法があります。もちろん、このためには歯茎などの状態をチェックする必要があります。あくまでも再度の差し歯に耐えられるかどうか、ということを確認してからになるでしょう。

 

また別の方法としては歯の表面にマニキュアを塗る方法もあります。白い樹脂を差し歯の上に塗っていくので、治療に時間もかかりませんし、コストも比較的に低めで済みます。ただ、耐久度という観点からすると、やはり限界があります。特に人口の歯ですから、天然の歯よりもさらに耐久性はなく、長くても5年程が限界、また再度の施術・メンテナンスが必要になります。

 

ホワイトニング歯磨き粉の体験談はこちら

 

≫ホワイトニング歯磨き粉を使った人の「生」の声や体験談(写真付)はこちら