MENU

ホームホワイトニングは歯にしみる?

ホームホワイトニングでも歯にしみるのはナゼ?知覚過敏の原因

 

ホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類ありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。そして、よくホームホワイトニングのメリットとして、「歯にしみない」という点が挙げられることがあります。

 

それはホームホワイトニングの際に使われる薬剤がオフィスホワイトニングで使用される薬剤よりも濃度が薄いためです。確かにこの点だけとってみれば、歯にしみないようにみえるのですが、実際にそうなのでしょうか?

 

薬剤は低濃度だが意外にしみるホームホワイトニング

 

このことをきちんと理解するためにはホワイトニングの際に歯に、染みるそもそもの原因はなんなのか、ということを突き止める必要があります。薬剤も濃度もさる事ながら、染みる原因としてもっとも大きな要素は漂白の際に使用する薬剤が、歯のひびやすり減った部分を避ける事が出来ず、知覚過敏を引き起こす、という点です。

 

また虫歯をきちんと治療せずにホームホワイトニングをすると、歯の神経が炎症を起こし、さらなる痛みを引き起こす可能性もあるのです。もし、これがオフィスホワイトニングであれば、専用の保護剤を使って、しみる原因になりやすい部分をガードすることができますが、ホームホワイトニングであれば、すべての部分に薬剤がさらされてしまう、ということになるのです。

 

ですから、ホームホワイトニングだから、しみないとは必ずしも言い切れないことを覚えておきましょう。他のメリット、デメリットをも考慮した上、総合的な判断が必要になります。

 

ホワイトニング歯磨き粉の体験談はこちら

 

≫ホワイトニング歯磨き粉を使った人の「生」の声や体験談(写真付)はこちら