MENU

まず歯のクリーニングから始めてみてはどうでしょうか?

歯石やヤニがついていてもホワイトニング出来ますか?

 

歯に歯石やヤニがついていても、もちろんホワイトニングは出来ます。ただ、ホワイトニングとはそもそもどういうものかを理解していただく必要があるかもしれません。

 

例えば、買ったばかりに白いワイシャツをずっと使っていると、きちんと洗濯していてもだんだんと黒ずんできたりしますよね。特に目立ったシミなどがあるわけではないのですが、全体が何となく変色してしまっている、そんなワイシャツはいくら洗濯機で洗ってももとの白さを取り戻すことは難しいでしょう。

 

もとの白さを取り戻すには専門のクリーニング店に持って行ったり、自宅で漂白剤を使って洗うしかありません。同じように、長年の食習慣などで黄ばんでしまった歯は、いくら歯磨きを一生懸命したところでもとのように白くなることはありません。同じように漂白が必要なのです。それがホワイトニングです。これに対して、歯石やヤニというのはまだ取りようのある汚れです。

 

白いワイシャツに食べこぼしのシミが残っているようなものですね。そこだけをつまみ洗いしたりすることによって問題が解決されるわけです。ですから、歯石やヤニが気になる方は、まずはそれを削って、除去することから初めてみてはいかがでしょうか。歯医者さんではホワイトニングというよりは、クリーニングという扱いで対応してくれます。クリーニングをしてみても、やはり歯の色が気になる、というのであれば、ホワイトニングを試してみてはいかがでしょうか?

 

ホワイトニング歯磨き粉の体験談はこちら

 

≫ホワイトニング歯磨き粉を使った人の「生」の声や体験談(写真付)はこちら