歯周病とホワイトニング

MENU

歯周病とホワイトニング記事一覧

ギネスブック認定人類にはびこるあらゆる病気の中でもっとも罹患率の高い病気は何でしょうか?それはズバリ、歯周病です。「世界でもっとも患者数が多い病気」としてギネスブックにも掲載されています。歯周病については、歯茎がグラグラして歯が抜けてしまう、など、ほとんどの皆さんがどんなものか知識をお持ちだと思います。「歯周病とは、この歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を支えてい...

歯周病は非常に一般的な疾患なのですが、実はとっても恐ろしい病気です。まず初期にはほとんど自覚症状がありません。歯茎の腫れ、痛みに気づいて歯科医院を受診する頃には症状がかなり進んでいます。そもそも歯を失っては元も子もない歯周病の恐ろしい結末とは、歯を失ってしまうことです。歯周病は感染病で、人から人にうつります。歯周病の重い人が家族にいる場合は、箸やスプーンを共用しないように気をつけましょう。歯周病は...

プラークの正体歯周病の原因はプラークです。プラークは日本語では「歯垢」と訳されており、つまり読んで名の通り歯の垢ということです。英語のプラーク(plaque)は様々な意味に使われますので、歯垢は「dental plaque」となります。プラークとは白色または黄色がかった粘着性(ネバネバした)の沈殿物です。食べ物の残りカスではなく、細菌と代謝物のかたまりです。プラークは「バイオフォルム」とも呼ばれま...

歯周病にかかりやすいかどうかは、生活習慣とも深く関係しています。ストレスストレスが歯周病と何の関係があるのか、と思われるかもしれません。何か緊張やストレスがあると口がカラカラに乾くという経験をされたことはあるのではないでしょうか。ストレスにより交感神経が優勢になります。そうすると唾液の分泌が少なくなります。口の中が乾燥してしまうと口内の細菌を唾液で殺菌できなくなり歯周病が進行する原因になります。運...

歯周病の判定基準歯周ポケットとは歯と歯茎の間の溝のことをいいます。この歯周ポケットは歯周病の進行状態をはかる判定基準となります。歯周ポケットがなければ歯周病にはかかっていません。健康な歯茎では、歯周ポケットは1〜2ミリ程度です。健康な状態では、歯と歯茎がピッタリとくっついていますので細菌が入り込むようなことはありません。ポケットの深さと歯周病の深刻度は比例している歯医者さんで歯のクリーニングをする...