歯周病と虫歯の違い

MENU

歯周病のほうが虫歯よりも怖い

 

「虫歯はないけど歯周病だ」と歯医者さんに言われたことはありますか?

 

実は私もその一人で、虫歯がないと聞いて安心していたのにがっかりした覚えがあります。

 

虫歯と歯周病はどう違うのでしょうか?

 

原因となる細菌が違う

 

口内に蔓延し、最終的には歯を失ってしまうという点では共通していますが、虫歯と歯周病は異なる細菌が起こす異なる病気です。

 

どちらも日々の歯磨きをきちんと行うことによって予防することができます。

 

虫歯のことは専門用語で言うと「う蝕(齲蝕・うしょく)」と呼ばれます。虫歯の原因菌は「ミュータンス菌」に代表されるもので、歯の表面に付いたプラークから発生します。

 

虫歯はミュータンス菌が歯を溶かす

 

ミュータンス菌は好気性菌で、酸素を好むため、歯周ポケットに隠れることはありません。ミュータンス菌は特に糖質が大好きで、プラークの糖質を分解して酸を作り出します。ですから「甘いものを食べると虫歯になる」というのは正しい理解です。

 

酸は歯のエナメル質の成分であるカルシウムやリンを溶かし、これが虫歯になります。虫歯がエナメル質の内側にある象牙質を侵食すると、痛みを感じるようになります。虫歯が歯の神経である歯髄に達すると膿が出ます。

 

小さい子どもが虫歯になりやすい理由は、乳歯や生えたばかりの永久歯は石灰化が十分ではないため虫歯になりやすいからです。

 

虫歯になってしまった場合は、虫歯を歯医者さんで取り除いて、詰め物をしてもらうしかありません。詰め物で覆い切れないほど取り除いた箇所が多ければ歯冠(クラウン)をかぶせますし、虫歯が歯の神経である歯髄に達すると根管治療が必要になります。

 

歯周病菌は歯は溶かさない

 

一方、歯周病の原因菌はプロフィロモナスジンジバリス菌に代表される、酸素を好まない嫌気性菌です。

 

歯周病原因菌は歯周ポケットに隠れて、繁殖します。歯を溶かすことはなく、歯の周囲組織(歯茎、歯根膜、歯槽骨)で広がって、歯を支える土台を破壊します。そうすると歯がグラついて歯が抜けてしまいます。

 

歯周病のほうが怖い

 

虫歯と歯周病、どちらが歯を失う確率が高いのでしょうか?
それは歯周病の方です。

 

歯周病は虫歯のように患部を除去して人口の詰め物を入れることができません。周囲組織は一旦破壊されてしまうと元に戻りません。
ですから歯がグラついてしまうともう手遅れになります。

 

虫歯も歯周病も心して退治していかなければなりませんね。

 

ホワイトニング歯磨き粉の体験談はこちら

 

≫ホワイトニング歯磨き粉を使った人の「生」の声や体験談(写真付)はこちら