歯周病とは?

MENU

日本人の8割がかかっている歯周病

 

ギネスブック認定

 

人類にはびこるあらゆる病気の中でもっとも罹患率の高い病気は何でしょうか?

 

それはズバリ、歯周病です。「世界でもっとも患者数が多い病気」としてギネスブックにも掲載されています。

 

歯周病については、歯茎がグラグラして歯が抜けてしまう、など、ほとんどの皆さんがどんなものか知識をお持ちだと思います。

 

「歯周病とは、この歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となります。 歯垢(プラーク)は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。 これはブラッシングだけでは取り除くことができません。」
(歯周病とは? - JACP 日本臨床歯周病学会 www.jacp.net/perio/about/)

 

歯周病をきちんと治療しなければホワイトニングをすることも出来ません。

 

ですから歯周病をやっつけることがとても大切なのです。

 

日本人の8割もが…

 

歯周病は、もっとも罹患率の高い病気であると言いましたが、実際にはどのくらいの人たちが歯周病にかかっているのでしょうか。

 

35歳以上80%前後が軽度から重度の違いはあるものの歯周病であると言われています。歯周病は中高年の病気だと思われています。たしかに中高年の罹患率は高いのですが、小学生でも4割が罹患していると言われ、20代は7割です。まさに国民病であるといえます。

 

逆に65代以上の罹患率は下がりますが、それはすでに歯周病などで歯を失った人が増えるためです。

 

「国民の8割が歯周病」というデータはかなりインパクトがありますが、これは歯石が歯に付着していても歯周病という厳しいデータに基づいているため、「国民の8割が歯周病」はかなり大げさな捉え方になります。

 

実際注意すべき歯周病は「歯周ポケットを有する人の割合」で見ることが出来ます。

 

ホワイトニングするならまずは歯周病を治してから

 

広い意味で「国民の8割が歯周病」というデータは、歯周病には注意をしてなければならない、という良い警告になると思います。決して油断をしてはいけないということです。

 

歯周病はこれほど罹患率の高い病気なのですが、自覚症状が低く、痛みを感じて歯医者さんに行く段階ではかなり進行しており、根治が難しい場合があります。

 

ですから歯周病には注意してもしすぎることはありません。

 

ホワイトニング歯磨き粉の体験談はこちら

 

≫ホワイトニング歯磨き粉を使った人の「生」の声や体験談(写真付)はこちら