MENU

着色料を使用した食品は組み合わせに注意!

歯に着色しやすい食べ物、組み合わせで歯に着色する食べ物のまとめ

 

赤ちゃんや子供の歯は白くてピカピカなのに、成長するとともに、あるいは、もっと言ってしまえば年をとるとともに私たちの歯がくすんできてしまう原因はどこにあるのでしょうか?主な原因は私たちが毎日口にする食べ物です。以下、特に歯に着色しやすい食品をいくつか挙げてみましょう。

 

コーヒー、紅茶、ココアなどの飲料

 

 

歯に着色する食品の代表格として多くの方がすぐに思い出されるもの、それはコーヒーなどの飲料ではないかと思います。なんといっても毎日口にするものです。こうした飲料に含まれている色素がタンパク質と結合して、歯の黄ばみの原因となるステインとなるのです。ちなみにこのステインとは、何かの物質の名前ではなく、食べ物の、色の沈着のことを言います。

 

例えば、ココアやコーヒー、そして赤ワインなどに含まれているのはポリフェノール、とりわけコーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールが含まれていますが、これは加熱する際にコーヒーメラノイジンという褐色色素を生成し、それがステインの原因となるわけです。

 

じゃあ、ポリフェノールが悪いのか!というとそういうわけではなく、この物質がもつ抗酸化作用は活性酸素を除去することができるため、アンチエイジングに役立つ、と言われているのです。若さを保つにはポリフェノールが欠かせないけど、歯は黄ばませたくない、というなら、やはり歯のこまめのお手入れが必要、ということになりますね。

 

着色料を使用した食品は組み合わせに注意!

 

上記の飲料に加えて、カレーやキムチ、人工着色料を使用した食品はそれ自体、食べ過ぎに注意することも必要ですが、もっと気をつけるべきなのは、「食べ合わせ」です。

 

こうした着色性食品は、着色を補助する食品と食べることによって、歯への着色作用が強化され、より強力に黄ばみが固定されることになるのです。例えば、体の疲れを取るのに役立つクエン酸という物質があります。単体でサプリメントとしても販売されていますが、これ自体、黄ばみの原因とはならないのですが、口の中を酸性にしてしまうため、歯の表面が荒れてしまいます。そこに、上に挙げたような着色性食品を口にすると、その色がばっちりと歯についてしまう、というわけです。

 

また、ほうれん草や青いバナナに含まれているシュウ酸という渋みの成分も同じ作用がありますので、着色料を使用した食品とはできるだけ一緒に食べない方が良いでしょう。もっとも、「過ぎたるは及ばざるが如し」という言葉があります。何をするにはもやり過ぎ、行き過ぎは禁物、どんなに良いことでも不足しているのと同じことになってしまうのですから、白い歯を目指すために、体に必要なものまで控えるなんてことはないようにしましょう。

 

ホワイトニング歯磨き粉の体験談はこちら

 

≫ホワイトニング歯磨き粉を使った人の「生」の声や体験談(写真付)はこちら